Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

至道 流星 : 雷撃☆SSガール (講談社BOX, 2009) p.270.

>「理想の社会なんて、最初から無いってわかってる。だからこそ、蓄積する負債と腐敗を掃除するのに、周期的な革命か大戦が必要だと思うわ。今なら一〇〇年単位でね。今までも人類はそうやって矯正してきたし、そしてこれからもきっとそう。でも私なら、これから三〇〇年維持できるシステムを創り上げてみせる」


謙虚さと、神から与えられた自らの能力の責任を果たそうとする意志が合わさった言葉である。

「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」において、キラ・ヤマトは、このようにいうべきであった。

遺伝子解析技術を活かした適材適所の「理想の社会」をつくろうとするデュランダル議長に対し、"最高のコーディネーター"キラ・ヤマトは「傲慢なのはあなただ。僕はただの、1人の人間だ。... だから貴方を撃たなければならないんだ。それを知っているから」と反論した。

キラ・ヤマトは人類最上位の能力を有していた(が|ので)、謙虚であった。そして、誤った先導者を消去した。

しかし、彼は人類最上位の能力を有していたにも関わらず、指針を示さなかったのである。

人は小成に安んずる事は退歩である。彼はノブレス・オブリージュを果たさなかった。
スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
何を言いたかったのだろうか
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-139.html

2010.01.31 20:16 URL | TAKAGI-1(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2875-11acdcd1

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。