Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

悲劇が終わるまでは、悲劇を終わらせることに全力を注げ。

責任追及をするならば、悲劇が終わってからにせよ。

そして、悲劇を繰り返さないために、悲劇から得られた知見を活かす仕組みを作り上げよ。

悲劇が終わって法廷がはじまる/アイスキュロス『エウメニデス』 読書猿Classic: between / beyond readers

>「悲劇」は正義と不正を体験させるだけだったが、「法廷」は強力な力を持った正義を実際に作り出す場所であった


発想の元:

以下のブログ記事からの発想である。以下のブログ記事の主旨とは関係がない。

悲劇が終わって法廷がはじまる/アイスキュロス『エウメニデス』 読書猿Classic: between / beyond readers
主旨を示すための抜粋:

>事態を解決するのは、もはや預言者や神託のコトバでなく、さまざまな議論を尽くして行われる法廷論争であり、その判決のコトバなのだ。

スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2868-3873420f

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。