Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

冬川 基 : とある科学の超電磁砲 3 (アスキー・メディアワークス DENGEKI COMICS, 2009) p.114.

>すげえッ

できるとか
できないとか
もうどうでも
いい!

何をしてでも
あの高みに
もう一度
立つんだ


「世界観、ビジョン、仕事、挑戦――個として強く生きるには」講演録(JTPAシリコンバレー・ツアー2008年3月6日) - My Life Between Silicon Valley and Japan

>(7) 「見晴らしがいい場所」は1時間の重みが違う

仕事ではいい場所に位置する。『ウェブ時代をゆく』では、「見晴らしがいい場所」ということを書きましたが、これも、レバレッジが利くか利かないかの違いです。いい場所にいるかどうかで、1時間の価値が全然違う。


森 博嗣 : 笑わない数学者 (講談社文庫, 1999) p.326.

>この場所よりも落ち着く空間はない。別に、他のどこでも良いのであるが、今ここが山の頂と同じである。ここが一番ポテンシャルが高いのだ。

スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
智者はレバレッジが利き「見晴らしがいい場所」にいるべき
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-2235.html

2010.01.10 11:07 URL | TAKAGI-1(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2864-3cd5959a

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。