Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

渡辺 利夫 : 新脱亜論 (文春新書, 2008) p.124

>幕末以来の「アングロ・サクソンかスラブかの選択」(『小村寿太郎とその時代』)

これは、日本に限ったことではなかった。

19世紀に、アングロ・サクソン(大英帝国)とスラブ(ロシア帝国)は、は中央アジア(アフガニスタン)をめぐって熾烈な争いをした。グレート・ゲーム(第I期)である。
スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2789-091fd10c

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。