Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 



fripSide 「only my railgun」の歌詞を解釈してみました。

参考にした歌詞はonly my railgun 歌詞|ツバサの羽根休息所です。


力を行使せよ。限界など知らない――そもそも限界など知覚する意味がない――力を私が発揮しつづけた先に、私は、過去に抱いた夢や未来の予測(目標)を超越して、目的に迫ることができる。 ※参考:目的と目標の違い|脱コンサルタントの企業経営でノウハウ公開


過去を振り返る事しかできないならば、そのような過去の連続にある現在の私のあらゆる資産(知識、人間関係など)に価値はない。

世界は「低きに流れる」傾向があるが、私はきっとそれを「高きに上げる」ことができる。


見よ。私の鋭い視線は、進め方を探している。私の力をもつ私だけが、私が執る進め方がこれだと特定することができる。それは、直感による。私はそれを確かに感じた。


それを掴め。性善説がいう正直な私が望むものは全て、手にして運用せよ。過去に決めた目的のために運用せよ。

苦しい経験もあるだろうが、それも強さになる。


ふと周りを見まわすと、私は理解されていないことに気づく。それに戸惑うことがあることは事実だ。

世界の動きは確率的だ。私の目的に順行することもあれば、逆行することもある。そのため、私の目的に即した判断が正しかったのか、迷いが生じることもある。


そのような時に、摩擦によって発する火の粉のように、思いに引っかかりがあることを知らせる意識を感じる。

その意識は目的を再認識させる。私の力だけが、私の目的がこれだと特定することができる。


力を行使する先を見つけ、注意を集中せよ。

目的を再認識した私は、惑わされない。

目的をもつ限り、その障害になるものは排除する。


私の目的に関連する願いは多い。目的を再認識した私は、それを引き受けていることを認識する。

また、私の目的に関連する良くない記憶を思い出す。

世界がバラ色ではないと、年を経るにつれ認識するが、私の目的に近づくことは諦めない。

目的をもって今に至った私を、私は経緯を含めて全人的に誇ることができる。


見よ。私の鋭い視線は、進め方を探している。私の力をもつ私だけが、私が執る進め方がこれだと特定することができる。それは、直感による。私はそれを確かに感じた。


力を行使せよ。限界など知らない――そもそも限界など知覚する意味がない――力を私が発揮しつづけた先に、私は、過去に抱いた夢や未来の予測(目標)を超越して、目的に迫ることができる。

スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2784-077fe8e1

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。