Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

「変わる」ことは、対岸でのみ起こるのではない。

「変わる」ことにより、何らかの良いことを期待するならば、なおさら「こちら岸」の変化を認めなければならない。

何らかの良いことが達成されるにしても、それは全体を平均してそうだということだ。

「1歩の前進」は、「3歩の前進」があるならば「2歩の後退」を伴う。

「3歩の前進」が先にある人もいれば、「2歩の後退」が先にある人もいる。

また、全人口の「1歩の前進」は、「3歩の前進」をうける人と同数の「1歩の後退」をうける人を作り出す。

だから、覚悟する必要ある。

全体の「1歩の前進」を支持し、それが実現したならば、一時的な「2歩の後退」や、ことが終わったときの「1歩の後退」に対して、不満をいってはならない。

一時的な「2歩の後退」や、ことが終わったときの「1歩の後退」に耐えられるように、個を強化しなければならない。
スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
政府の結果に対し責任を取る義務
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1404.html

集団の問題を解決するには、個の強化から
http://www.h5.dion.ne.jp/~wing-x/ezhtml/inw3/za_0808150.html#1

2009.07.26 14:54 URL | TAKAGI-1(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2657-c217d7bc

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。