Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

Abstract: Science and reality ignore infrequency.

まず起こらないことは起こらない。

対極にあるのが数学だ。

数学は、あらゆる例外を列挙しなければならない。「まず起こらないことも起こる」として意識しなければならない。ひとつでも漏れがあれば、無価値である(0点か100点か、しかない)。

一方、科学において、数学のような論理的厳密さが要求される分野は限られている。「まず起こらないこと」を、すべて列挙しなくても許される。

ある事柄に注目するならば、「まず起こらないこと」による誤差の価値は低く、ある事柄全体の傾向がつかめればよい。価値は加点法で評価される。

そのような科学では、アブダクションの注意深い使用が大きな武器になる。
解説:

この文章の目的

目的1: 「まず起こらない」ことへの恐れを取り除く。「まず起こらないことは起こらない」という考えを、科学を援軍にして、理解しやすくする。

纔に追い纔に邀うとも、便ち是れ放心なり
マイナス思考にはパターンがある

目的2: 科学と数学の考え方の違いに言及する。
スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください

関連:

アブダクション

 私は陽には知らなかった、アブダクションというものを
 http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1944.html

 出力から内部状態を探れ、ただし注意して
 http://chiq.blog116.fc2.com/blog-entry-63.html

傾向がつかめればよい

 世界は単純である
 http://chiq.blog116.fc2.com/blog-entry-64.html

 理系的意思決定と文系的意思決定
 http://nhm.blog75.fc2.com/blog-entry-52.html
 >文系の考え方からすれば、20%の違いは大問題だ。でも、理系ではそれほど問題にならない。

 数理モデルの性質――要因をいくつ含めるか
 http://www.h5.dion.ne.jp/~wing-x/ezhtml/ezh/ac_0903140.html#how_many_elements
 >「ある要因に的をしぼったモデル」...がよい。

2009.04.04 16:50 URL | TAKAGI-1(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2523-56d1330f

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。