Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

Abstract: My selection of books for freshmen and freshwomen of universities. About writing and a library.

新たに大学に入学された方、おめでとうございます。

大学生になったら1ヶ月間で読む本として、以下の2冊をおすすめいたします。

1. 大学における文章の書き方を学ぶ本

理系 木下 是雄「理科系の作文技術」
文系 木下 是雄「レポートの組み立て方」

2. 大学図書館を知るための本

井上 真琴「図書館に訊け!」

1. 大学における文章の書き方を学ぶ本


大学生のアウトプットは、基本的に文章です。センター試験のような選択式のアウトプットではありません。

そして、アカデミックな文章には、最低限の「書き方」というものがあります。

それに従っていないと、その文章は単なるメモだとみなされる可能性があります。内容がいくら高度であってもです。大学には、いくらでも高度なメモが散乱していますからね。

自分がれっきとした文章を書くつもりがあるならば、「書き方」をしっかりとおさえた文章を書いてください。そのために、以下の本を読むことをおすすめします。


理系の人には
木下 是雄「理科系の作文技術」

文系の人には
木下 是雄「レポートの組み立て方」


2. 大学図書館を知るための本


大学には、必ず大学図書館があります。

大学図書館を「貸本屋」程度に捉えていては、あなたの大学生活 4年間は、4年間の価値しかありません。

しかし、大学図書館を使いこなせたらどうでしょうか。あなたが利用する本・論文は、著者が年月をかけて書いたものです。さらに、その本・論文の参考文献が書かれるのに要した年月を加えれば、「のべ年月」は膨大になります。

その膨大な年月を、あなたは省略して、その果実を得られるのです。あなたの大学生活 4年間は、実際には 100年・200年の価値をもつことになります。

大学図書館を知るために、以下の本を読むことをおすすめします。

井上 真琴「図書館に訊け!」
スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2521-b3d7e780

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。