Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

奇跡を現実化した人には、奇跡という非定常状態を処理する責任がある。

「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズにおいて、ゼロ(ルルーシュ)は、藤堂に、厳島の奇跡の責任をとることを求めた。

また、ルルーシュ皇帝は、ゼロの奇跡の責任をとるために、ゼロ(スザク)に自らを殺させ、さらにスザクにゼロとして生きることを求めた。

奇跡は時間が経つと、神秘・権威になる。自らを神秘・権威にするのも責任のとり方である。

神は、間違えてはならない。間違えないということは絶対ではないから、即ち、なにも出来ない。

権威は、人々の被支配欲を満たさねばならない。
スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
http://mkynet.hp.infoseek.co.jp/webcic/lib/inw2/inw_0305040.html#3
>でも神だから、誤りは犯せないことになっている。どうしよう....
>
>解決策は実に簡単。"天皇は何もしない"。即ち、何もできない。

2009.01.31 12:12 URL | TAKAGI-1(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2441-75e39e24

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。