Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

保守的な事柄の支持を得るには、人々に、人々がその事柄の決定に対し資源を費やすべきではない、ということを教えればよい。

革命的な事柄の支持を得るには、人々に、人々がその事柄の決定にこそ資源を費やすべきだ、ということを教えればよい。

 発想の源:
 ジェームス W. ヤング=著, 今井 茂雄=訳 : アイデアのつくり方 (阪急コミュニケーションズ, 1988) pp.80-82 竹内 均氏による解説内.

> 話が少し横へそれるけれども、昔から中庸が美徳とされ、紀元前五世紀前後の聖人である釈尊も孔子もそれを力説された。中庸を中年のずるい処世術ど考えていた若いころの私には、そこのところがいまひとつ理解できなかった。中庸が美徳であるこどをはっきりと私に教えてくれたのは、くりかえし述べたデカルトの「方法序説」である。

 デカルトによれば、人々はそれぞれの人生の大目標をもっており、その実現に全力をそそいでいる。しかしその一方で、人々は日常的な生活を生きなければならない。この場合に、その日常的なことがらの一つ一つについて熟考するのは面倒なことであり、頭脳と時間の浪費でもある。こういう場合には、最も常識的で最も穏健な意見にしたがうのがよい。どうでもよいことについては中庸の道を選ぶことによって、われわれは自分自身の人生の大目標に全力を集中しえる。このように考えると、中庸はいい加減な人生を生きる中年の処世術といったものではなくて、積極的な徳目である。

スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください

関連:
「大学・中庸」
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1328.html

2008.11.12 21:41 URL | TAKAGI-1(管理) #cAPDhLHE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2320-889df1a3

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。