Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

この進んだ現代に、志ある者は、背伸びして成功をつかもうと思うことだろう。

しかし、成功は背伸びではなく、誰もが行う歩みによって得られる。

つまり、成功は、あなたが持つ突出したものではなく、平凡なものによってなされる。

戸部 良一, 寺本 義也, 鎌田 伸一, 杉之尾 孝生, 村井 友秀, 野中 郁次郎 : 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫, 1991) p.220.

>巨大で複雑な、組織化された現代戦の作戦で成功を勝ち取るのに必要不可欠な「高度の平凡性」(フィールド『レイテ湾の日本艦隊』)

志ある者にとって、背伸びしてはならないとは、何たる不条理であろうか。恨むならば、現代の複雑さ *1 を恨め。

以下に分けて示す。

脚注:

*1: マーチン・ファン・クレフェルト=著, 佐藤 佐三郎=訳 : 補給戦――何が勝敗を決定するのか (中公文庫, 2006) p.390.

>機構中の摩擦――人間であれ機械であれ――は、その部品が多くなればなるほど増すからである――これは収益逓減の法則の代表例だ。

スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2228-12b6ef18

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。