Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | コメント(-) |
「自分のもの」というのは、単なる所有ではなく、習得・愛着という意味を含む。

森 有正 : 生きることと考えること (講談社現代新書, 1970) pp.72-73.

>私ども自身が、そのものについてある責任があり、それをオーガナイズする能力があり、またオーガナイズする意図を持ってわれわれの欲望と感覚と、それから期待と、すべてのものをそこに注ぎかけることができる対象ができたときに、それをものということばで私は呼ぶのです。["もの"に傍点あり]

つまり、

 組み合わせやすいもの = 習得しやすいもの(:使いこなせるもの・使いやすいもの)・愛着がわくもの

なのだ。

先日、電力供給の問題に関連して、自分の部屋にある電化製品のつながりを整理した。TS330480.jpg
そして、「自分のもの」が「オーガナイズ」されていることを実感した。
スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2219-91f225f1

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。