Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

アーネスト・ヘミングウェイ=著, 福田 恒存=訳 : 老人と海 (新潮文庫, 2003) p.126.

>「これが夢だったらよかった。釣れないほうがよかったんだよ。こいつにはすまないことをしたなあ。釣りあげたのがまちがいのもとだ」かれは急に黙りこんでしまった。もう魚のほうを見る気にはなれない。血がすっかり洗われてしまって鏡の裏のように銀色になっているが、縞目はまだはっきり見える。

「こんなに遠出をする手はなかったんだよ」老人は魚に話しかけた、「お前にとっても、おれにとっても、意味なかった。本当にすまないなあ」

思い出したこと1: 最大の敵こそ最も信頼がおける

思い出したこと2: 問題を解決すると、また新たな問題に出くわす

アーサー・ブロック=著, 倉骨 彰=訳 : マーフィーの法則 (株式会社アスキー, 1993).

・[マーフィーの法則の]発展形
>7 すべての解決は、新たな問題を産む

感じたこと: 老人に対していやみのひとつも発せられない優しい漁村。そして、そこから「遠出」してしまった老人。
スポンサーサイト

 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/2182-69e6c9c4

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。