FC2ブログ

Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

地上は防御的性質を持ち、海上は攻撃的性質をもつと書いたが、世の中に二元論は存在しない。無段階の中庸が存在する。

地上と海上の決定的な違いは、地形が存在するかどうかである。

地形は位置エネルギーをもった地点である。位置エネルギーを一般化するとポテンシャルである。ポテンシャルの高い地点に達するためにはエネルギーを多く必要とし、消耗を強いられる。

では、海上のいかなる地点においてもポテンシャルが等しいかといえば、そうではない。敵側の制空権にあるところはポテンシャルが高い。敵地上陣地および敵艦の射程内・探知圏内はポテンシャルが高い [*]。

戦場とはポテンシャルの重ね合わせにより、たとえ地理上は平面であっても起伏があるものなのである。

 * 海上におけるポテンシャルはポテンシャルの中でも潜在的である。ただ自らが機動するだけで消耗する地上のポテンシャルとは異なり、敵から実力攻撃をうけない限り消耗しない。しかし、リスク回避即ち「兵士を危険に晒させない」という視点に立てば、潜在的といえども顕在的なものと同と考えることになる。
スポンサーサイト




 
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク  
     
 
  

コメント一覧

 
本文へは上スクロールしてください












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://star1ban.blog18.fc2.com/tb.php/1259-28834c19

本記事やblogにリンクしていただけると嬉しいです。