Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


購入: 2014/ 9/11
読了: 2014/11/29 [1]
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


購入: 2014/ 8/14
読了: 2014/ 8 [1]
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


購入: 2014/ 8/14
読了: 2016/ 2 [2^]

著者 指原女史。講談社AKB新書レーベルの1冊目です。(ただし、形(かたち)上は、講談社MOOKの一部。)

レーベルの企画時の直近総選挙で1位だっただけかもしれないが、指原女史の著作で先陣をきったのは正しいだろう。私の個人的意見だが、特に宣伝がなくてもAKB系で文章を読みたいと思うのは、彼女だけだ。

だから、単行本で売ってもいいのだけれど、新書にしたのは、後を続けるためであろう。新書の特徴は、新鮮なネタ、安価な供給である。運営サイドとしては、指原女史の著作で新書レーベルの初期投資を回収してしまえば、あとは自由度が高い。

コンテンツとしては、以下が考えられる:
(1) 一般の新書のような内容: 総監督、海外組など。卒業生まで含めたら、あと何人かは、書ける(元SKEの秦女史とか)。

これだけでは、幅がでない。新書である以上、本屋の棚を確保したい。

(2) 「○○と学ぶ株式投資」など。
合わせて、ユーキャンとのコラボ。

(3) メンバーのGoogle+投稿と、日々生まれるAKB関係の膨大なテキストを編んで、コンテンツを作る
 これは、人間・機械の情報技術次第で、採算に乗る生産性を実現できる。

初出:
2014/ 8/14
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク