FC2ブログ

Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

スポンサーサイト



 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
篠崎 彰彦 : 経済教室 中期的な日本の経済成長 情報化投資の正否が左右. 日本経済新聞, 2009/ 7/20, 朝刊, 17面.

>山道では稜線(りょうせん)にたどり着くまで急な坂道を登らなければならず、稜線に出てからも油断して道を踏み外すと山肌を滑り落ちてしまう。



人生とは自転車のようなものだ
倒れないようにするには走らなければならない

             アインシュタイン
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
冬川 基 : とある科学の超電磁砲 3 (アスキー・メディアワークス DENGEKI COMICS, 2009) p.114.

>すげえッ

できるとか
できないとか
もうどうでも
いい!

何をしてでも
あの高みに
もう一度
立つんだ


「世界観、ビジョン、仕事、挑戦――個として強く生きるには」講演録(JTPAシリコンバレー・ツアー2008年3月6日) - My Life Between Silicon Valley and Japan

>(7) 「見晴らしがいい場所」は1時間の重みが違う

仕事ではいい場所に位置する。『ウェブ時代をゆく』では、「見晴らしがいい場所」ということを書きましたが、これも、レバレッジが利くか利かないかの違いです。いい場所にいるかどうかで、1時間の価値が全然違う。


森 博嗣 : 笑わない数学者 (講談社文庫, 1999) p.326.

>この場所よりも落ち着く空間はない。別に、他のどこでも良いのであるが、今ここが山の頂と同じである。ここが一番ポテンシャルが高いのだ。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク