FC2ブログ

Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

ただし、失敗を許容する必要がある。

若松 義人 : トヨタ式「スピード問題解決」 (PHPビジネス新書, 2008) p.120.

>金額を大幅に減らすとか、人の制約をきつくする、時間を半減させるなどといった制約を設けるのは、常識の縛りを解くためだ。きつい制約は、かえって発想を自由にする。こうして、価格の代替案を出すことが可能になる。


若松 義人 : トヨタ式「スピード問題解決」 (PHPビジネス新書, 2008) p.148,150.

> 大切なのは「まずやってみる」ことであり、そこで思うような結果が出なければ、失敗の原因を考えて、またやってみる。

スポンサーサイト



 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
渡辺 利夫 : 新脱亜論 (文春新書, 2008) p.120.

 柴五郎の一生を、深い哀惜の念を込めて描いた名作に村上兵衛『守城の人――明治人 柴五郎大将の生涯』(光人社、一九九二年)がある。... 村上は、柴の指揮下に入ったB・シンプソンという当時二三歳のイギリス義勇兵の一人に次のように語らせている。

「... しかし、日本軍は素晴らしい指揮官に恵まれていた。公使館付武官のリュウトナン・コロネル・シバである。彼は、他の日本人と同様、ぶざまで硬直した足をしているが、真剣そのもので、もうすでに出来ることと出来ないことの見境をつけていた。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク