Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | コメント(-) |
夜、疾走しながら高架へと駆け上がる山陽電車は、銀河鉄道のよう。

鉄道は、勾配が緩いから、坂の終わりを見られないことがあって、それが空に続く坂のように見える。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
天皇のこと。

>〔古くは「すめらき」とも〕「すめろぎ(天皇)」に同じ。

  goo国語辞書(三省堂「大辞林 第二版」)より。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「ガンダム00」の第1期が終わりました。1話からずっと見ていたのですが、コメントはしていませんでした。

「SEED DESTINY」のときは、1話から52話までコメントをあげていたのですが、作品が、S嬢曰く「ひどかったですよね」であり、再び徒労感を覚えるのは嫌なので、「ガンダム00」では各話コメントをしていなかったのです。

「ガンダム00」は、よかったです。土曜 6時に、テレビの前に座るだけの意義がありました。


さて、第1期最後の25話「刹那」へのコメント:

「片腹痛いわ!」

アレハンドロ・コーナー、あーぁ、イッちゃった。

トレミー

完全にバラバラかと思いきや、原形をとどめている。どうやら被害をうけたのは、一部側面と艦橋部のみのよう。

 関連:
 軍艦って艦上構造物をなぎ払ってしまえば戦闘能力がなくなってしまうんだよね

アレルヤ「僕は生きる」

 関連:
 高貴な死への願望は未成熟ゆえ

GNアーマー

エクシア、GNアーマー搭載。「GNアームス」はいつから呼び名が「GNアーマー」に変わったのだろう。GN armor を、プトレマイオスをトレミーと呼ぶのと同様に短縮して、複数形にしたのがGN arms なのか。

反射と思考の融合

「脳量子波で得た超反射能力。だが、その速度域に思考が追いついていないんだよ。... 反射と思考の融合。それこそが超兵のあるべき姿だ」

超兵って、マイクロマシン寄生人間じゃなかったんだ。

パラノイアだけが生き残る

悟りと個人的意地は、新世界を築くのには必要だけども、新世界には不要。その解は、対消滅

4年後

4年後の世界で、ワン・リューミンに「お嬢様」と呼びかけた女性は、ネーナ・トリニティ?
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
エクシアのトランザム終了をみて、グラハムがGNフラッグで登場。ハワード・メイソンとダリル・ダッチを失って、阿修羅を何倍も凌駕した精神状態。ずるいといえばずるいのだが、勝利のために機が来るまで我慢したのだろう。

 関連:
 道義欲は私欲なのだ

「君の圧倒的な性能に、私は心打たれた。この気持ち、まさしく愛だ。」

悟りに達した刹那と、個人の意地のグラハム。最終決戦は両者の相打ちというのが、世の習いか。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
パラノイア(病的なまでの心配性)だけが生き残る。――アンディ・グローブ
Only the Paranoid Survive.――Andrew Grove
梅田 望夫 : ウェブ時代 5つの定理―この言葉が未来を切り開く! (文藝春秋, 2008) p.36.

「バカな。ガンダム1機にわたしのアルヴァトーレが」

その後にアルヴァトーレからでてくるMS(「金色のジム」?)。強いのだが、GNドライヴ(τ)を1機しか搭載していないのは準備不足であった。アルヴァトーレはGNドライヴ(τ)を7機搭載していたのだから、ここで6機放棄したわけだ。

GNドライヴは、それ自体では推進機関ではなく、高いポテンシャルエネルギーをもつGN粒子の製造機であって、GN粒子を解放するノズル形状によって推進機関としての性質が変わる、と私は理解している。

アストレア (e-flick.net)

>第三世代と第二世代の一番の違いは、GNドライブの推進部分。 噴射方向にかなり自由度のあるドーム型と、指向性のある開放型。 一方向への加速としては開放型のほうが効果的らしい。 第一世代と第三世代は汎用性重視した結果、ドーム型になったそうだけど。

ならば、アルヴァトーレの残りのGNドライヴもバックパックという形で、「金色のジム」のエネルギー源として使えると思った。それだけのエネルギーを使いこなす武装がないのかもしれない。あるいは、武装があっても、近接戦闘では役に立たないのかもしれない。

しかし、GNドライヴ、そして、GN粒子の汎用性の高さからいって、残りのGNドライヴを生かす方法がなにかあったはずで、それを実装できなかった/実装しなかったのは準備不足、あるいは勝利の確信が強すぎたからではないか。

対して、エクシアに実体剣 * を搭載していたトレミー組は、準備がよい。

  * ハイテク同士の戦闘の最後に役に立つのは、ローテクなのか。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。