FC2ブログ

Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

ニールス・アーベル - Wikipedia [2007年8月22日 22:24 の版]

>ニールス・ヘンリック・アーベル(Niels Henrik Abel, 1802年8月5日 - 1829年4月6日)はノルウェーの数学者である。

...彼が当時世界最高レベルといわれた数学の総本山パリ科学アカデミーへ提出した「超越関数の中の非常に拡張されたものの一般的な性質に関する論文」こそ、のちに"青銅よりも永続する記念碑"と謳われ、後代の数学者に500年分の仕事を残してくれたとまで言われた不滅の大論文だった。

5 次以上の代数方程式には、べき根 n√ と四則演算だけで書けるような解の公式が(一般的には)存在しないことに初めて正確な証明を与えた。...

アーベルが中心的に扱ったのは楕円関数に関する研究である。


スポンサーサイト



 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク