FC2ブログ

Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

Lindwurm。

リンドブルム, リンドビュルム (字面からは「リンドヴュルム」とも読める)

リンドブルム

>ドイツ語で「飛竜」「翼のあるドラゴン」という意味でものすごいスピードで夜空を飛び回り、そのときに全身が輝くと言われてました。

 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
飲み会から帰ってきたら、携帯電話が見当たらない。

不安な一夜を過ごす。携帯電話が目覚まし時計になっているので、寝坊する可能性があるのだ。

結局、携帯電話は自転車カゴの中にありました。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


購入: 2007/ 4/29
読了: 2007/ 5/23

本題とは違うのだが、でてくる例が、学歴社会やら偏差値やらで中途半端に古いことが気に障った。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
1巻
2巻
3巻
4巻
5巻


購入: 2007/ 4/29 (1・2・3巻)、2007/12/ 2 (4巻)、2007/12/18 (5巻)
読了: 2007/ 6/ 3 (1)、2007/12/29 (2)、2009/ 5/14 (3)、2009/ 5/27 (4)、2009/ 6/ 7 (5)

3巻の中程まで読んだところで1年ほど放置。2009年4月から2巻の中程から再び読みはじめた。

「父親」が殺されてから、面白い。推理による事実は脆い、解釈はいくらでもできる、ということなのか。ディベートの練習のよう。

極東ブログ: [書評]カラマーゾフの兄弟(亀山郁夫訳)
新訳「カラマーゾフの兄弟」 異例のベストセラー|文化|カルチャー|Sankei WEB
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
茹でる
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク