Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

1993/12/ 5

カニ:

(釧路の漁師は、カニで一番大事なのはここだと言っていた:)

三番目の脚

(カニは三番目の脚で海底で立ち上がる。三番目にはたっぷり肉が付き、身が締まり、一番うまい)


1993/12/12

バナナ:

(パリの洋菓子屋は、その扱い方をこうしろと言っていた:)

バニリンで
 まとめよ


[バナナの甘い香りの成分を
“バニリン”という

チョコ、バニラにも“バニリン”は
含まれている]

(バニリンが含まれる、バナナとバニラとチョコレートはとても相性がよい)


1993/12/19

ニワトリ:

(フランスの三つ星レストランでは、その料理の仕方についてこう言っていた:)

胸肉はマダムに
もも肉はムッシュに


(ニワトリで最高の部分は、脂肪の少ない、ふっくらした胸肉)

[最高な部分は繊細な胸肉]

[もも肉は堅くて大味で野性的]

(その野性味は男性に向いている)


1993/12/26 総集編
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
1993/11/ 7

コロッケ:

(フランスの人々はコロッケの原形クロケットを形容して、)

世界で一番小さなかまど

[パン粉はレンガの役目]


豆腐:

(京都の僧侶は豆腐料理について、)

形正からざれば
 食らわず



1993/11/14

春巻:

[中国では焼売はアンを食べる物
餃子は皮を食べる物]

(春巻は、さらに皮を食べる物、と言われている。)

(よくできた春巻の皮を、こう褒める)
硝子の皮

(噛んだ時に、まるで硝子が壊れていくような、そんな舌触りが一番好きだ。)


ロブスター:

(アメリカ人のコック達の言葉、)

お前のワイフより
 怒らせろ


(火を加えると、身は引きしまり、味も伊勢エビに劣らない。しかも、外に出た水分はソースにうまみを加える。)


1993/11/21

炒飯:

(中国の人々は、おいしい炒飯の作り方をこんなふうに言う:)

金で銀を
 包みなさい


[金は卵 銀はご飯]

[卵は米の水分を逃がさず
具のうまみを吸収する]


蛸:

(明石の漁師がその調理法でこんなことを言っていた:)

蛸の横好き

[タコの足は縦に切らず横に切る]

[イカは胴を食べるもの
タコは足を食べるもの]


1993/11/28

大根:

(京都のおばんざい屋は、その料理の仕方をこう言っていた:)

(大根は)
量りで
 味を見よ


[見た目より重い方がおいしい

土から抜いたら、葉を切り
土はつけたままがいい]
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
1993/10/10

餃子:

(中国では次のように言われている、)

[焼売はあんを食べるもの
 餃子は皮を食べるもの]

(餃子は、)

(ツェイ。ものを噛んだ時、プチッとする弾力のこと)。


鮭:

(フランスのことわざ、)

鮭は馬の鼻息でも
 火が通る



1993/10/17

オムライス:

(オムライスの一番おいしいところは、)
卵の裏側


フォアグラ:

(フランスのことわざ、)

(フォアグラは、)
100回食べれば
 100通りの味に
  たどりつく


(多く食べなければ理解できない奥深いものである)

[エジプト人は4,500年前から
ヨーロッパ人はローマ時代から](食べてきたのに対し、)

[10年前 日本に初めて
生のフォアグラが輸入された]


1993/10/24 放送無し


1993/10/31

スパゲッティ:

(イタリアの友人が言うには、)

(うまいスパゲッティの)
表面は老婆の肌


フグ:

(ことわざ、)

ふぐには
 程良い色気が
  なくてはいけない


(程よい水分量がなくてはいけない)

[ふぐは水分が多いと“白”
少なすぎると“黄色”
“ほんのり黄色”が一番うまい]
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク