FC2ブログ

Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

一時期、国内出張が多い時期があり、その際に駅弁をよく買っていました。

東日本、東海、西日本の3地域について、2018/3現在のベストな駅弁を、2つずつ紹介します:

・東日本

JR東海パッセンジャーズ「品川貝づくし」

NRE大増「黒毛和牛のハンバーグ弁当」 (2015年に「国産牛ハンバーグ弁当」へリニューアルの模様。)


・東海

だるま「だるまのみそかつヒレ重」

JR東海パッセンジャーズ「やきとり弁当」


・西日本

淡路屋「肉めし」

まねき食品「あなごめし」
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
1990年代の「料理の鉄人」では、フランス料理の挑戦者には、この人の師事を受けた人が多かった記憶がある。代表作、ジャガイモのピュレ。

J・ロブション氏死去 仏料理の世界的シェフ - 産経ニュース 2018/ 8/ 6

フランス料理の世界的シェフ、ジョエル・ロブション氏が[2018年 8月]6日、死去した。73歳だった。フランスのメディアが伝えた。

 フランス紙フィガロによると、がんを患っていたとされる。

Joel Robuchon|ジョエル・ロブション

ジョエル・ロブション - Wikipedia

初出:
Facebook 2018/ 8/ 6
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
何にせよ、冷たい酒に、揚げたジャガイモの熱いのは、正義。

 * * *

池波正太郎が、ビールの最高の肴として挙げたのが、「フライドポテト」ではなく、「ポテトフライ」であったことを知り、衝撃を受けている。

池波正太郎先生を忍ぶポテトフライ

と、いうことで、池波 正太郎「男の作法」(新潮文庫, 1984)を読み直していたら、冷たいシャンパンに「フライドポテト」は合う、と書いてあった。

初出:
Facebook 2017/ 5/29

 * * *

池波 正太郎 : 男の作法 (新潮文庫, 1984) p.179.

冷たいシャンパンと熱いポテトフライ、冷たいビール熱いじゃがいもの唐揚げ、いいわけですよ。さっそくやってごらんよ。

なお、ここでの「ポテトフライ」とは、フライドポテト(:フレンチポテト)のこと。「向こうのポテトフライは、例の拍子木のスティックというやつ、細切りのポテトの唐揚げだよね。パン粉をつけない」(同書 p.179.)。

ここでの「じゃがいもの唐揚げ」とは、同じ文章の前半に「あんまり大きくしないで、親指の先ぐらいに切ってゆでたのを、唐揚げでもいいけど、パン粉をつけて揚げたほうがうまいんだね。そして普通のウスターソースで食べる。キャベツの刻んだものと。(同書 p.178.)」とあるので、ジャガイモの素揚げ(さらに好ましくは、ジャガイモのフライ)のこと。

関連:
2008-05-10 - ぱろすけの日記
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「タモリ倶楽部」 2016/ 1/22


インド人は、ナンをあまり食べない。

ナンは、焼くためにタンドール釜が必要であり、家庭では作れない。高級料理店で出される。また、南インドでは、タンドール釜を使わない。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
先日コンビニで、「春の土用の丑の日」の宣伝を見る。今年は、4月25日らしい。

商魂たくましく、節操がない。

鰻の旬は、10~12月なんだけれど、それは天然ものの話。養殖ものに旬はない

初出:
Facebook 2016/ 3/20
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク