Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

絶対的な善行は存在しないのかもしれない。「ノー・フリーランチ定理」は、絶対的な善行の不在を示唆する。

それに絶望してはならない。要(かなめ)は人間なのだ。

野中 尚人 : 自民党政治の終わり (ちくま新書, 2008) p.243.

>政治の世界に有効でレベルの高い競争の仕組みがあり、そこから信頼に足るリーダーが生まれるようになればよい。全ての社会制度と同様に、最後はヒトが大切である。議院内閣制が質の高い、本当に国民のための政治を行うためには、議会に最も優秀な人材が集められ、彼らが絶えず切磋琢磨するしかないのである。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
我々の世代でなんとかしなければならない。我々は犠牲の世代でよい、私はそう思っている。 ...これが私の高校生の頃からの思いだった。

しかし、それから戦史について勉強して得られた結論は、集団による複雑な計画は失敗するということだった。

そして、今回のJAL年金問題によって、我々は積極的に搾取される側であることが明らかになった。

JAL年金の変更決議が示すこと - Chikirinの日記

>人間というのは、何はともあれ「自分が優先」であり、国のためとか、自分が今まで40年も働いてきて、育てて貰って、お世話になった会社(JAL)や国のためとか、かわいい後輩や孫のためとか、そーゆーのでは結局ナイんだな、ということ。“将来が大事な人”と、“今が(今さえ)よければいい人”ってこれだけ投票行動が違うもんなんだなと。それが今回クリアに見えたかな~と思えた。



我々が犠牲の世代となるという複雑な計画は、我々の富が積極的に搾取される事態に至って複雑極まった。

実現不可能な作戦は破棄して、我々は、我々の生存を確保しよう。

我々は犠牲の世代であってはならない。後生が我々よりも苦しまない世の中を作るためにだ。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
業界全体が赤字だとか、競争率2倍超えの選抜試験だとかが意味すること:

   平均だと亡ぶ。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
国は、軍事の単位であるが、それよりも意思・意志決定の単位である。

国家は、意思決定の、明示された主体である。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
「原理・原則」や白洲次郎のいう「プリンシプル」とは、外乱・内乱があっても変わらないものを指すのだと考える。

外乱・内乱があっても変わらない性質を、四字熟語で表すならば「不易流行」になるだろう。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク