Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | コメント(-) |
ディドロ, ダランベール=編, 桑原 武夫=訳編 : 百科全書―序論および代表項目 (1971, 岩波文庫) p.183.

ディドロによる「哲学」の項目より。

> 最も偉大な哲学者とは、最も数多くの事物に理由を与える人のことであり、これによって哲学者の序列は精密に決定される。この手段によれば、もはや博識が哲学と混同されることはない。

スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
李白
「天が私を生んでくれた以上、必ず世の中の何らかの役に立つためである」

 “技不圧人”そして“天生我材必有用”
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク


 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
五省 - Wikipedia

一、至誠(しせい)に悖(もと)るなかりしか   (真心に反することはなかったか)

一、言行に恥ずるなかりしか   (言葉と行ないに恥ずかしいところはなかったか)

一、気力に欠くるなかりしか   (気力に欠いてはいなかったか)

一、努力に憾(うら)みなかりしか   (努力不足ではなかったか)

一、不精に亘(わた)るなかりしか   (不精になってはいなかったか)
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。