Blog 一番星

雑記。ときどき日記。


 

 現在、本ブログには個人的なことを書いています。
  社会系の記事は「TAKAGI-1の目から」に、
  科学・技術系の記事は「TAKAGI-1の科学・技術的日々」に書いています。
 TAKAGI-1 のブログ全体については、TAKAGI-1 文章とブログ をご覧ください。
 

 
 

夢の中で怪獣と戦っていた。

高校生の私は、南海沿線(大阪ミナミ、堺、岸和田、関西空港、どこであるかを夢の中で特定しようとしているが、特定できない)で行われる模試に遅れる展開から、自宅より大阪梅田に達したときに、怪獣(5m級と5cm級、昆虫風)の侵攻に遭遇。パニックの中、ビルの地上階や地下を逃げ惑ううちに第一幕終了。

第二幕は、壊滅した街。フラフラの私は、生存者の隠れ家を見つけ、瓦礫の隙間を縫って入り込む。食料の提供を受けているところで、5cm級の怪獣の小型ユニットに発見される。同時に、隠れ家の屋上に生存者に案内される。そこで、(なぜか)米海兵隊の大型人型ロボット兵器と50m級怪獣の戦いが始まろうとする光景に出くわす。そこに不意をついて、5m級が登場、我々を襲う。屋上を逃げ惑った後、生存者のなかの女子1名の発案である、怪獣の目にフレンチドレッシングを注射する策を実施。両目に同時攻撃を実施し、怪獣の攻撃行動を不能にする。この策は、多くの生存者に共有され、怪獣に決定的損害を与えたそうだ。

第三幕、新緑の春うららか、同級生男女と、片側景色・片側木々の緑の山腹の階段で、今にも写真に映ろうとする私、にこやか。1年に1度、同時期に、同じ場所で写真を撮っているらしい。終劇。
スポンサーサイト
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
あくまでも直観であるが、気象リスクが増してきている。

コンクリート・重機とインフラ投資、観測・予報・伝達技術で克服されたかに思えた、天候によるリスクが顕在化している。全天候対応な状況は、当たり前に享受できるものではなかった。

そして現在の状況は、以前あったような、
  • 地の人間が住まない危険な土地が新興住宅地になり、災害が起こる状況
  • 観測・伝達技術の発展によって、見えなかったものが見える状況
とは異なる気がする。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
岩手県で催されたAKB48握手会での事件から1日が経った。

AKB48グループメンバーが投稿しないため、Google+ のタイムラインがいつもとガラッと違う。きゃぴきゃぴしていない。

AKB48グループのイベントが軒並み中止になったそうだが、仕方がないだろう。「認識の木の実を食べた者は、もう後には戻れない」。事件を知った者は、もう後には戻れない。世界は不可逆なものだから。"YOU CAN NOT REDO."
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
目覚めて 3:45 を指した壁掛け時計を見た後、カーテン越しに辺りが明るいのを知って、焦る。「あー、昼まで寝ちゃったんだ」と。

実際には、時計が夜の間に止まっていただけ。この時計、秒針が1秒ごとにカチカチうごくのではなく、ずーっとゆっくり動き続ける連続秒針型。動いていても音がしないので、音だけでは、時計が動いているか、止まっているかが分からない。

そういえば、中学生のときだったか、定期試験が終わった日、お昼に家に帰ってきてそのまま寝てしまい、起きたら辺りが暗く、時計が 6:00 を指していたので、朝だと思って、登校する準備を整えてダイニングに降りていったら、夕食の準備中だったことがあった。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク
高知県四万十市で国内観測史上最高の気温 41.0℃を記録した記念すべき今日、屋外で仕事していたせいで、夜になっても顔が熱を帯びている。

両上腕の浅いところが異常に疲労しているのは、冷房で冷やしすぎたためか、汗を介して硬い作業着と皮膚が擦れ続けたためか、紫外線が作業着を透過したためか。
 このエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク